五十嵐 智美
IGARASHI
TOMOMI

 今、政治を変えるのはnetです。
さくら・市民ネットTopページへ千葉県佐倉市王子台3-5-13
TEL : 043-462-0618
FAX : 043-489-0797
E-mailnews@sakura-siminnet.com
10月臨時議会(討論から)  (2009年)


議席2番五十嵐智美です。市民ネットワークを代表し、
 議案第1号一般会計補正予算に反対の立場から討論いたします。
今回提案されている補正予算は8月議会において否決した補正予算のうち議長車購入費553万9千円、佐倉ふるさと広場駐車場用地購入5,082万2千円のみを減額し、他の交付金による事業計画はそのまま継続としています。
 現在、国においては前政権が行ったバラマキともいわれる14兆7千億円の大型補正予算の見直しを行っているところです。このうちの1兆円が地域活性化・経済危機対策臨時交付金として地方へ交付される予定ですが、国と同様地方自治体でもその使い道について抜本的に見直すべきです。しかし、今回、再提案された補正予算には不用不急の事業が依然として残っており、十分に精査された内容とは認められません。特に草ぶえの丘整備事業についてはふるさと広場、飯野台観光振興施設などを含めた印旛沼周辺で一体的な観光事業を展開したいという考えがあるようですが、具体的な計画に位置づけられていません。この事業に臨時交付金を活用する根拠について質問しましたが、明確な答弁もなく、説明責任を全く果たしていません。先ほどの全員協議会では削減した2事業分の交付金を有効活用するために、補正予算の組み換えを再度提案すべきとの意見も出されました。この考え方に対して市民ネットワークは賛同できません。国と地方の借金が820兆円にもなっている状況を考えれば、何がなんでも交付金を獲得しようとする姿勢こそ政権交代実現とともに改めるべきではないでしょうか。今回の補正予算において事業の見直し過程がきちんと説明されなかったこと、また住民福祉に直結する分野への予算配分が十分に検討されなかったことなどの問題点を厳しく指摘し、反対といたします。以上で討論を終わります。



 
TOP
2010年
2月議会質問要旨
2009年
11月議会(討論から)
11月議会質問内容
10月臨時議会(討論から)
8月議会(討論から)
8月議会質問内容
6月議会(討論から)
6月議会質問内容
5月臨時議会(討論から)
2月議会(討論から)
2月議会質問内容
2008年
12月議会質問内容
9月議会(討論から)
9月議会質問内容
6月議会質問内容
2月議会質問内容
2007年
12月議会質問内容
9月議会質問内容
6月議会質問内容
プロフィール

1953年 江東区深川生まれ
1972年 都立深川高校卒業
1977年 日本大学法学部卒業 佐々木ガラス(株)入社
1980年〜
夫の転勤により 札幌
座間(生活クラブ消費委員)
四街道(生活クラブ支部委員長)
熊本(グリーンコープせっけん委員)
松山(PTA役員)
1998年〜
佐倉市西志津在住 元佐倉市男女共同参画推進協議会委員
2007年佐倉市議初当選


家 族
夫、息子、母

経済環境常任委員会


選挙時2007年
「私の主張」
政治は暮らしの一部です。市政を議会を身近なものに!

 私は市民活動を通して生活すべてが政治につながることを強く感じ、ネット活動に参加してきました。今、介護・年金・医療・税金など、私たちの生活に直接かかわることが次々変えられ、大きな負担となっています。これからどうなるのか不安でいっぱいです。国の法律によってほとんど決まってしまいますが、政策を決めるのは政治の場です。生活者や当事者の思いを地域から発信することで変えていきたいと思います。
  何より身近な市議会で、暮らしやすいまちづくりに向けて発言するために、挑戦します。

top

Copyright Sakura-siminnet. All Rights Reserved.