2009年11月21日発行

学習会

知っておきたい認知症

中村春子

─ 地域で自分らしく暮らしていくために ─

認知症について講演する植松さん
認知症について講演する植松さん
認知症とは (講演より)
■誰でもなり得る一般的な病気
・物忘れ…食事の後、何を食べたかではなく、 食べたこと自体を忘れる
・見当識障害…目の前の人が誰かわからなくなる
・理解や判断力、実行機能の低下
・不安やうつ、妄想、幻覚、興奮、徘徊など
■発症を遅らせることはできる
脳の血流をよくすることが予防のポイント
・よく歩く ・人との付きあい ・料理をする ・2〜3日前の日記をつける
・旅行の計画を立てる ・囲碁、将棋など好きなことをする
周囲の心得
  驚かせない
  急がせない
  自尊心を傷つけない
「認知症」早期発見のめやす

□ 今切ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れる。
□ 同じことを何度も言う・問う・する。
□ しまい忘れ・置き忘れが増え、いつも探し物をしている。
□ 新しいことが覚えられない。
□ テレビ番組の内容が理解できなくなった。
□ 約束の日時や場所を間違えるようになった。
□ 慣れた道でも迷うことがある。
□ ふさぎ込んで何をするのも億劫がり、いやがる。
             など…
◆ 何より早期診断、早期治療が大事

「認知症の人と家族の会」千葉 電話相談110番

 TEL 043-204-8228 月火木土 11:00〜15:00

認知症学習会で

認知症学習会で

 11月8日、佐倉ミレニアムセンターでさくら・市民ネットワーク主催の認知症学習会を開催しました。

 10年程前、ネットで理学療法士の三好春樹さんの講演会を行った際「老いた時、痴呆(認知症)か、寝たきりか、どちらかになるとしたら、どちらがいいですか」と問われたことがあります。
 ギクッとしたまま、どちらもイヤだから答えが出ないままになっています。でも人の名前や、会話中に適切な言葉が瞬時に出てこなくなった我が身や身近な人の状態をみるにつけ、どちらもきちんと知っておくことから対処が始まると思うようになりました。
 今回、市民ネットで「認知症」について学習会を行い、多くの人の参加をいただきました。
 講師は「認知症の人と家族の会」の植松多恵子さん。この会は、認知症になっても、当事者も家族も人としての尊厳が守られ、日々の暮らしが安穏に続けられることを目的に、30年近く活動をしています。
      ◇◇
 主なポイントは、社会や地域が認知症に対して偏見を持たず正しい理解をすること。医療を含めた支援体制を作ること。住み慣れた地域でその人らしく暮らしていくためには、本人や家族の困難に思いをはせ、見守ることが必要だと強く感じました。

困った時に相談を!
地域包括支援センター

市議 五十嵐智美

 4月から市内5カ所でスタートした地域包括支援センターは、高齢者の悩みを誰でもどんなことでも相談できる窓口です。 先日、3つの包括支援センターを訪問しました。
■臼井・千代田センター  口腔ケアに重点を置いている。口の中を清潔にすることで、誤嚥による肺炎を防ぐことができる。
■志津北部センター  独り暮らしの高齢者の訪問に力を入れていく。
■志津南部センター  町内会の会館など身近な場所で予防教室を行っている。今後は認知症などテーマを絞って小規模な相談会をしていきたい。
 各センターでは、地域に密着した活動を展開しています。  他にも佐倉センター南部センターもそれぞれ特徴ある取り組みをしています。困ったことがあれば、まずは相談してみてください。



佐倉市補正予算

10月臨時議会で見直し補正が可決

11.16 千葉元気ファンドの公開プレゼンにて

市議 伊藤とし子

 8月議会(8/31〜9/30)で補正予算が否決され、無所属議員も含め、全会派が討論に立ったことは蕨市政になって初めてのことでした。無風状態だった佐倉市議会でも会派構成が変わり、緊張感のある議会運営となってきました。


 問題 おおあり!麻生内閣の置き土産

  民主党政権が見直しをかけた前政権最後の大型補正予算(総額14・7兆円)が地方に交付され、一部の事業が始まりました。
 佐倉市は8月の補正予算に、国の経済危機対策交付金8億3000万円を盛り込み、そのうち問題になったのが4億1600万円の「地域活性化経済対策臨時交付金」です。
 この交付金は21、22年度中に完了する事業に限られるなど、さまざまな制約があり、非常に使いづらいものになっています。それらの制約をクリアした不要不急の事業が数多く入れられました。内容は、議長車692万円、ふるさと広場駐車場用地7260万円、地デジ対策2000万円、草ぶえの丘事業5540万円などです。





















 必要性、緊急性より交付金獲得が目的

 特に「草ぶえの丘の電線地中化・カフェテラス建設事業」などは、具体的な計画の前に予算だけを計上しておき、詳細はあとから詰めるというイレギュラーなやり方です。
 今回の補正予算にはファミリーサポート事業、校舎耐震工事、DV被害者への定額給付金支給、女性のガン健診無料事業など評価できる内容も含まれています。しかし「議長車、ふるさと広場駐車場用地は問題である」など議会でも異議が出され、賛成少数(さくら会のみ)で否決され
ました。
 その後、補正予算を成立させるため10月臨時議会が開かれ、前述の2事業が削られただけで、賛成多数により可決されました。
 しかし、交付金を使い切りにするための無駄な事業は、この2事業だけではありません。
 このことを8月議会で指摘したにもかかわらず、見直されなかったため、市民ネットワークは再度反対しました。

議会報告会
10.20 議会報告会で、佐倉市の補正予算について説明


県民置き去り! 森田県政

議会報告会

県議 大野ひろみ

10.20 志津コミセンでの議会報告会  
 あやうし! 県民参加

 堂本知事は県民参加の手法として、タウンミーティングを数多く開き、県政に県民の声を反映させてきました。しかし、森田県政になって、タウンミーティングは激減しています。

堂本知事 2006年
84回
  2007年
78回
  2008年
58回
森田知事 2009年
6回

 森田県政が始まってまだ7カ月余りですが、それでも6回とは少なすぎます。7月以降は一度も開かれていません。
 知事は当選直後に、「居酒屋でも県民の意見は聞ける」などと発言しており、市民団体には会おうともしません。知事が選挙で唱えた「県民第一」という文字が泣いているのでは?
 また、県政のこの先10年間の基本方針を決める「千葉県総合計画」策定が今、急ピッチで進められています。こんな重要な計画作りの中にも県民参加の仕組みはなく、パブリックコメントを1回だけ募集してお茶を濁しています。    
 岐阜県では「長期構想」(総合計画と同じ)策定の際、2年かけて、中高生も参加する車座討論会などを地域ごとに何度も開きました。千葉県とは対照的
です。  
 市民ネットワークでは、千葉県の「県民置き去り」の姿勢を正すため、NPOや市民団体などに広く呼びかけて緊急集会を11月18日開催しました。

森田劇場(成田より羽田?!)
ハブ騒動
























































 あやうし! 千葉県の教育

 森田知事が一番力を入れているのが「道徳教育」と「愛国心の復活」。同じ考えを持つ人材を、教育長や教育委員に次々と登用しています。
 さらに、知事肝いりの「千葉県の教育を元気にする有識者会議」が開かれ、論議を呼んでいます。ともかくメンバーが凄い。
 タレントの藤岡弘氏は、終始一貫「武士道精神こそが教育のかなめ」と主張。日本大学の百地教授は、戦前の道徳教育「修身」の「偉人伝」を復活させようと、大真面目に論じています。世界は核軍縮時代へと動いているのに、千葉県だけが戦前へ逆戻りしていくようで恐ろしい。
 ほとんどの委員が、「今の子どもは規範に欠けている」とし、道徳心を植えつけることこそが大事と言いますが、今本当に問題なのは、子どもの貧困であり、教育格差の拡大です。親の子どもへの虐待も激増しています。
 千葉県の子どもたちが、「道徳」で幸せになるとはとても思えません。大人の価値観を一方的に押し付けるのではなく、子どもを取り巻く環境を改善する
ことに力を注ぐべきです。

 「メスを入れる!」はポーズだけ?
千葉県不正経理問題

 03年から07年までの5年間で、約30億円の不正経理が発覚しましたが、実は沼田知事時代から40年間も続いてきました。
 国からの補助金を使い切るために、カラ伝票を連発。浮いた金(公金)はプールして、予算で取れなかったパソコンや冷蔵庫を買ったり、職員の飲み食いに消えました。証拠となる伝票を手元には一切残さず、業者の帳簿で管理するという周到さ。
「徹底的にメスを入れるぞ!」と声を張り上げていた森田知事は、私たちが要求する資料を出さなかったり、不正関与が疑われる幹部職員を追求する構えも見せていません。
 私たちは議員に調査権を付与する「百条委員会」設置をめざしましたが、最大会派自民党によりボツ。知事と自民党が結託して、年内の幕引きを図っているようですが、そうはさせじ!
 今後もしっかりと調査追及していきます。


八ッ場ダム中止
2号橋をバックに。八ッ場ダム中止となってからも、
工事は着々と進められている(11/7)。

デタラメな「八ッ場ダムは必要」論をふりかざす知事連合

 市民ネットワークが17年間取り組んできた八ッ場ダム反対運動。政権交代で中止が決定的となりましたが、森田知事ら1都5県の知事たちが、「中止などとんでもない」と共同声明を発表しました。しかし、中味は間違いだらけ。以下指摘します。
カスリーン台風と同規模の 台風が来ると首都圏は大洪水 になる。だから八ッ場は必要 だ。
→カスリーン台風が来ても八 ッ場ダムの治水効果がほとん どないことを、昨年国交省自 体が認めました。河川改修が 格段に進んでいる現在、当時 よりひどい氾濫予想をする知 事連合は、非科学的です。
利根川の堤防は漏水箇所が 多く、八ッ場ダムがなければ 堤防決壊に結びつく。
→確かに、野田市付近では堤 防の老朽化が激しく、漏水箇 所がいくつもあります。しか し、それと八ッ場ダムは関係 ありません。県民の命と財産 を守るために、八ッ場ダムに注ぐお金を堤防の補強に使うべきです。




さくら・市民ネットワークの活動

元気の種まきフェスタ まちづくりアンケートにご協力ください
10月17日、染井野の七井戸公園で、「元気の種まきフェスタ─あなたにとって住みやすい街とは?」で、さくら・市民ネットワークはまちづくりアンケートを行いました。
佐倉市では、市の施策の基本となる次期総合計画(2011〜21年)を策定中です。市民の意見を反映した計画になるよう、市民ネットでは引き続きアンケートを行っています。用紙は市民ネットのホームページからダウンロード、または事務所にありますので、お気軽にお問い合わせください。
八ッ場でバイキング
10月9日、「八ッ場でバイキング」。
パワーポイントで「八ッ場のウソ?ホント?」について、
最新情報をわかりやすく報告。
松元ヒロライブ
10月23日、「松元ヒロライブショー」で。


「松元ヒロライブショー」でヒロさんと共演!

ひしの実鈴木智子(大蛇在住)

元ニュースペーパー。現在、笑いと風刺の
政治コントで、ソロ活動。

 10月23日、さくら・市民ネットワーク主催の「松元ヒロライブショー」がありました。笑いの中に現代社会を風刺し、それから私たちができることを問いかける、とても考えさせられるショーでした。
 ヒロさんは陸上をやってこられ、その後、教師もめざしたということもあって、長時間の一人のライブを息も切らさず、突っ走る感じですすんでいきました。こんな面白い先生がいたら、学校がとても面白い場所になるのにとも思いました。
 ガンと闘いながら「命の授業」を通して、子どもたちに命の大切さを語り続けた友人の山田泉さんの話には涙があふれてきて、アンコールで、ニュース原稿を読むことになっていたので、ちゃんと読めるかドキドキでした。私の読むニュースに合わせてヒロさんが面白おかしくパントマイムで実演します。「最後は笑って帰ってもらいたい」というヒロさんの配慮からで、私は原稿しか見てなかったので、どんな感じなのかわかりませんでしたが、皆さんの笑い声が大変印象的でした。
 とても一人とは思えない、何人も舞台にいるようなパワフルなライブで、いろいろな所にきめ細かな心配りがあり笑ったり泣いたりと、あっという間の時間でした。ライブを見終えた時にはとても元気になりました。息子も「おもしろおじさんだったね」とお気に入りでした。

top
戻る