2011年2月28日発行
 ◇ Contents
5人で取り組みます 佐倉をもっと住みやすく
さくら・市民ネットワークこの8年間の実績・取り組み


5人で取り組みます 佐倉をもっと住みやすく

 さくら・市民ネットワークでは、4月の統一地方選で、県政に1人、市政に4人が挑戦します。

県・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

県政にチャレンジ!クリーンな県政を!

入江あき子
入江あき子
市民ネットは
原則2期で交替。
議会を活性化します。

 2009年に発覚した県の不正経理問題(総額40億円)。真相究明を阻む自民党の壁を崩さなければなりません。議会のチェック機能を果たすため、議会改革を強力に進めます。
 水問題は私のライフワーク。市議2期の経験を生かし、佐倉市の水道料金を1.5倍にする八ッ場ダムを中止させるため、県政でも取り組んでいきます。また、県内で進む待ったなしの医療崩壊にストップをかけます。

市・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
五十嵐ともみ 2期目に挑戦

















おおばひろこ 市政に初挑戦

年をとっても            
  住みなれた街で暮らしたい

市民のチカラが活かせる街に

五十嵐ともみ

 在宅で暮らし続けるには、24時間切れ目ない介護サービスが必要です。
「通所・自宅訪問・泊り」のサービスを提供する小規模多機能ホームは、現在市内に1カ所のみ。このような利用者の多様なニーズに合わせたサービスの充実に取り組みます。
 また、志津霊園問題の不明朗な追加支出を防ぐためにも、情報公開と説明責任を市に求めていきます。

おおばひろこ

 佐倉で20年間、子どもたちの豊かな成長を後押しする活動を続けてきました。市民活動が活発に行われることで、人々の絆が強まり、子どもにとっても高齢者にとっても暮らしやすい街を創ることができます。
 市民活動支援税制(1%支援税制)を提案し、実現に向けて全力投球します。

志津地区 佐倉地区
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
伊藤とし子 2期目に挑戦

















大野ひろみ 市政に挑戦

子どもたちが健やかに育つ
環境を守りたい

県政できたえた足腰で    
身近な市政に取り組みます

伊藤とし子

 (仮)西部自然公園の谷津田・里山の保全や、子どもたちの食の安全に取り組んできました。ゴミの有料化をストップし、学校や保育園などで「農薬、殺虫剤などをできるだけ使わない建物管理」を実現。
 税金の無駄遣いをなくし、 「次世代にツケを回さない」ために、生活者の声を議会に反映させていきます。

大野ひろみ

 県政では、「しっかり発言、きっちり行動」をモットーに、不正経理、八ッ場ダム、福祉と医療、教育などに全力で取り組んできました。また、環境を破壊する国有林の山砂採取や、子どもの健康を脅かすフッ素集団うがいに歯止めをかけることができました。
 市政という身近なステージで、佐倉の街づくりに取り組みます。

ユーカリ、宮ノ台地区 臼井地区
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

さくら・市民ネットワークこの8年間の実績・取り組み

 さくら・市民ネットワークは、設立から25年間、ローテーションをしながら市議9人、県議1人を議会に送り出し、皆さまと共に生活に密着した様々な課題に取り組み、解決に向け活動を重ねてきました。
 8年前の県議誕生により県の情報が即時に入るようになり、県と市の連携でさらに活動が深まりました。

県議としての実績・取り組み


行財政改革

◆千葉県の不正経理問題では徹底的な調査を行い、数々の  新事実を明るみに出し、当局を追及
◆議員報酬の二重取りである費用弁償(日当)を廃止
◆議案説明や予算要望など、あらゆる機会をとらえて一般 市民の参加をすすめる

開発問題

◆富津市鬼泪山(きなだやま)の国有林を破壊する山砂採取計画を、市民団体と連携して中止させる
◆「八ッ場ダムを考える1都5県議会議員の会」の事務局として、八ッ場ダム中止の一翼を担う
◆酒々井インターチェンジ新設の根拠となった、不透明な外国資本による大規模ショッピングモール計画を阻止

環 境

◆印旛沼浄化のため、県による不耕起移植栽培水田の調査、冬期湛水の水質調査を実現
◆乱開発を防ぐ「千葉県林地開発条例」の実現

福祉・医療

◆子宮頸がんワクチンの非有効性を訴える
◆佐倉市の福祉施設の不正経理にメスを入れる

子ども

◆「千葉県歯・口腔条例」から子どもの健康を脅かす「フッ素集団うがい」の削除を実現
◆県内の学校や公園の農薬使用状況を調査し、県の政策に反映させる

食と農

◆遺伝子組み換え作物の交雑防止を盛り込んだ「千葉県食品安全・安心条例」の実現
◆有機農業に対し、初めて予算をつける

 

 

市民ネットの3つのルール
議員はローテーション
議員報酬は市民の活動費
選挙はすべて手づくりで


























































市議としての実績・取り組み


行財政改革

◆予算の市民説明会、ホームページ上での資料公開の実現
◆第三者機関による補助金の見直しを継続して提案。今年度、補助金検討委員会が立ち上がることに
◆市内業者の育成につながる入札制度を提案

開発問題・水問題

◆臼井・千代田地区の宅地開発問題では地域住民と連携し、道路の安全性や住環境を守るため、問題解決に取り組む
◆宅地造成の条例の規制緩和を元に戻すよう提案し、実現。「宅地開発指導要綱」の条例化も今年度中に実現の見通し
◆八ッ場ダムの不要性を明らかにし、佐倉市は八ッ場ダム事業から撤退するよう、訴える
◆「地下水及び湧水の保全・活用にかかわる調査」を提案。地下水・湧水の調査や保全対策を総合計画に盛り込む

環 境

◆農薬や殺虫剤の使用状況を調査。「できるだけ農薬・殺虫剤を使わない公共施設管理指針」策定へと結びつく
◆(仮)佐倉西部自然公園を貴重な自然を残した公園にするよう市民団体と共に提案
◆ゴミの有料化をストップ。減量化、びん・缶のコンテナ回収を提案

福祉・医療

◆認知症対策のモデル事業を実現
◆在宅介護者の相談支援事業の充実
◆地域包括支援センター(高齢者の相談窓口)の予算拡充

子育て支援・教育

◆学校間格差を広げる学校選択制に反対し、導入をストップ
◆認可外保育園への助成、保護者への保育料助成の実現
◆急増するひとり親家庭に対するヘルパー派遣事業の実現
◆待機児童や詰め込み保育の解消、臨時保育士の待遇改善等の問題に取り組む
◆小中学校の就学援助制度の改善・充実を求める
◆高校等奨学資金補助制度の成績要件の撤廃と拡充を求める

食と農

◆イネの不耕起移植栽培、有機農業の重要性を訴える
◆水田への農薬空中散布の中止を訴える

議会改革

◆議案に対する各議員の賛否公表を実現。議会の活性化に取り組み、議会基本条例の制定につなげる

 

 後援会事務所にお気軽にお立ち寄りください

「入江あき子と市民ネット」事務所
  王子台3-5-13 さくら・市民ネット事務所 TEL 462-0618
「おおばひろこと市民ネット」事務所
  鏑木町1155-18 元 串焼き「おがわや」 TEL 485-5088
「五十嵐ともみと市民ネット」事務所
  上志津1043-23 元 小野薬局 TEL 489-5711
「伊藤とし子と市民ネット」事務所
  宮ノ台3-2-5 ホワイトハウス1FA-4 TEL 463-0300
「大野ひろみと市民ネット」事務所  さくら・市民ネット事務所

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

※ 通信を配布してくださるボランティアを募集しています。ご連絡ください。

     さくら・市民ネットワーク会員募集         
*年会費 1500円  *県ネット通信やイベント情報をお届けします。


top
戻る