第3回の裁判 報告


入江晶子

 「聞こえますか?」午前11時定刻、裁判長の問いかけで裁判が始まった。まず、原告側代理人の拝師(はいし)弁護士が今回提出した第1準備書面の概要を説明した。訴状の請求趣旨第2項では「水道局長および企業庁長が国交省大臣に対し八ッ場ダム使用権設定申請を取下げる権利の行使を怠る事実が違法であることを確認する」としている。この点について、被告らは答弁書で却下を求めており、反論を行なった。また、水道局長や企業庁長に対して住民監査請求を行っていない故、住民監査請求前置の建前に反するとして却下判決を求めている点についても反論し、無用な議論に拘泥されることなく、速やかに本案審理に移行するよう強く求めた。続いて、被告側の伴弁護士がマイクを使った大きな声で公金支出についての経路や権限について簡単に説明した。先日、村越さんが法廷での弁論を分かりやすくするために裁判所に申し入れをしたことが今回、早速反映され、良い取り組みだったと思う。台風一過の朝であったが、傍聴者も60名ちかくでほぼ満席となった。最後に裁判長から双方に次回までの宿題が提示され(提出期日は10月28日)閉廷となった。第4回期日は11月18日(金)午前11時から。

裁判終了後の意見交換会には50名ほどが参加。弁護団からは軽井沢での夏合宿で藤原さんからレクチャーを受け検討を重ねた結果、優れた書面ができたとの話もあった。原告を含め傍聴者は弁護士さんたちとの接点も少なく、裁判に向けての地道な作業実態などほとんど見聞きしないので、改めてご尽力に感謝の機会ともなった。また、嶋津さんから衆議院選挙に関しての公開質問状やマニュフェスト明記など最近の取り組みについて説明いただいた。地下水に関するDVDを上映し、終了した。

以上




戻る