お知らせ

「佐倉市の通園・通学路調査報告集」を副市長に手渡しました

2月2日、さくら・市民ネットワーク作成の「佐倉市の通園・通学路調査報告集」を副市長に手渡し、改善要望を伝えました。 報告書は下記よりご覧ください。
お知らせ

2/26 学習会「どうなる? 私たちの食の未来 ~ゲノム食品がスーパーに並ぶ日~」

今、日本では「ゲノム編集」されたトマトや魚の一般販売が、すでに始まっています。「ゲノム編集食品」の安全審査は行われておらず、健康にどんな影響があるのか全く不明です。ゲノム編集されたトマトの苗を福祉施設や小学校に無償配布して、子どもたちに栽...
お知らせ

通学路の現地調査報告集ができました!

昨年6月の八街市の事故を受け、市民ネットワークでは、危険な通学路の独自調査を実施しました。皆様からの情報提供をもとに、昨年10月から今年1月まで、現地に足を運び、県警や佐倉市に聞き取り調査を重ね、このたび1冊の報告集にまとめました...
お知らせ

1/26 「介護のおしゃべりカフェ」中止します

1月26日(水)に予定しておりました「介護のおしゃべりカフェ」は、コロナウィルス感染拡大により、中止とさせていただきます。
お知らせ

佐倉市議会11月議会・市民ネットワークが提出した意見書

佐倉市議会11月議会で市民ネットワークが提出した意見書を4本を公開いたしました。意見書はすべて否決されました。
意見書・要望書

辺野古米軍新基地建設の設計変更不承認を真摯に受け止め、建設計画を白紙撤回することを求める意見書

11月25日、玉城デニー沖縄県知事は、辺野古米軍新基地建設を巡り、政府が埋め立て予定海域の軟弱地盤を理由に申請した設計変更を不承認とした。知事は記者会見で、「完成の見通しが立たず、事実上、無意味な工事をこれ以上継続することは許されない」と...
意見書・要望書

地方自治体情報システムの統一を拙速に行わないよう求める意見書 

本年5月12日に成立し、9月1日に施行された「地方自治体情報システム標準化法」により、全国1741市区町村の住民情報管理システムは、政府が標準規格をつくり、これに基づいた統一システムに移行させられることになった。国が用意するクラウド環境で...
意見書・要望書

ゲノム編集食品の危険性を厳しく検証・公表し、小学校等への苗の無償配布を行わせないことを求める意見書

今年9月15日、日本で初めてのゲノム編集食品の販売が始まった。筑波大学発ベンチャーのサナテックシードが開発したギャバトマトである。ストレス軽減や血圧降下が期待されるアミノ酸の一種「GABA(ギャバ)」を、通常のミニトマトの4~5倍含むとさ...
意見書・要望書

HPVワクチンの積極的接種勧奨再開に反対し、被害者の救済を求める意見書

2021年11月26日、厚生労働省はHPVワクチンの積極的接種勧奨の再開を決定した。これにより2013年6月から中断していた接種勧奨の通知が、来年4月から対象者に届くようになる。 しかし、現在も続く副反応被害の重大さとHPVワクチン...
お知らせ

【コロナ感染拡大のため中止】「狭い!危ない!通学路の調査報告会」

佐倉市でも数日前からコロナ感染が急拡大しています。そのため、1月15日に開催予定の「狭い!危ない!通学路の調査報告会」を急きょ、中止とさせていただきます。 八街市で6月に起きた学童5人の死傷事故を受け、さくら・市民ネットワークで...
タイトルとURLをコピーしました